「不動産を自分で査定 まかせる会社を自分で選ぶ」街の不動産ポータル TUNAGERU ツナゲル

  • インスタグラム
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • Youtube
トップへボタン

株式会社杜丸不動産REAL ESTATE AGENCIES

群馬株式会社杜丸不動産

サムネイル

不動産業界に入ったきっかけは?

私は小さい頃から不動産広告や、家の間取りを見るのが大好きだったんです。そんなことから「働くなら住宅に関連したところがいいな」と考えるようになり、まずは建築の知識をつけようと工務店に営業として入社しました。住宅と不動産とは切っても切れない関係にあります。そこで不動産の知識を身につけようと宅地建物取引士の資格を取得して、家づくりや不動産取引の経験を積みました。しかし入社して10年ほど経った時、その会社が倒産。保証人のひとりだった私も負債を背負うことになってしまいました。「返済するには自分で事業を興すしかない」と決意した私は、生まれ育った町で自宅の和室を事務所に改装し、杜丸不動産を開業したわけです。独立するつもりがなく独立してしまったので、経営者意識よりも営業マンだった頃の気持ちで、お客様のために動く、お客様に喜んでいただきたいという思いが強くあり、それは強みになっていたんじゃないかなと思います。

 

住宅業界と不動産業界には大きな違いがあって、住宅業界の場合、自社を選んでもらわなければならないので同業他社はすべて競合です。でも不動産業界は競合であると同時に仲間でもあって、実際、周りの先輩業者さんたちから情報をいただき、助けてもらいながらやってきました。その一方で、不動産会社にも色々な会社があることや、不動産に関して何らかのお悩みを持っているお客様が少なくないことも分かってきました。売主様にも買主様にもそれぞれに不安があるので、不動産会社はその間に立って架け橋になるべきです。お客様のことを考えた仕事をするというのはずっとやってきたことなので、それなら私にも出来ると思い、買いたいお客様だけでなく、不動産を売っていただくということにも取り組むようになりました。地道に活動を続け、会社設立から2年半後に新しく事務所を構えることができたのが嬉しかったですね。

サムネイル

杜丸不動産はどんな会社ですか?心がけていることは?

「喜んでもらえなければ仕事じゃない」が経営方針です。不動産の売買がひとつのドラマだとしたら、主役はもちろんお客様で、そのプロデュースをするのが私たちの役目だと思っています。私自身、楽しいことが大好きなのでお客様を楽しませたい、喜ばせたいという気持ちで対応してきました。お手紙を書いてお礼をしたり、クリスマスにお子様のいるお客様の所へサンタの格好をしてプレゼントを届けたこともあります。

 

売却については土地柄もあり、市街化調整区域の農地、山林に関するお問い合わせが多いんです。バブルの頃にゴルフ場建設を見込んで買ってしまった…相続したけど場所がわからない…こうした土地は行政が細かい条例を制定していて扱いが大変なものも少なくないため、「どこに聞いても相手にしてもらえない」とご相談いただくケースも多いのです。私たちは他の不動産会社があまり手を出さないような物件をたくさん扱ってきましたから、“得意分野”と言えるかもしれません。実際、売主様からとても喜んでいただいています。山林などでお困りの方はとても多いのでお役に立てると思いますし、一般住宅の売却の実績ももちろんありますので、とにかく私どもを頼ってきてくれたのなら精一杯、誠心誠意の対応する、というのがモットーですね。

 

私はどんなことでも“熱く”取り組んでしまうので、「ウザい」と思われることがあるかもしれません。でも、お客様に対して、熱く対応するところは創業時からずっと変わりません。不動産業はお客様の困りごとを助けてあげられる数少ない仕事のひとつ。資格を持つ者として、責任とプライドを持ってお客様に対応することを心がけています。

サムネイル

不動産業をやっていてうれしいことや特に印象に残っていることは?

売主様はどの不動産会社に売却を依頼することもできるわけです。にも関わらず私たちを選んでくれたということがまず、とてもありがたいですね。お客様から「頼んで良かった」「会えて良かった」と言っていただけるのも嬉しいです。

 

すべてのお客様に全力を注いでいるので、誰かを特別扱いと言うことはないのですが、とりわけ印象に残っているのは、物件をお預かりしてからわずか数時間後に買い手が見つかったケースです。専任媒介契約を結び、すぐにポスティング用のチラシを100枚作成。それを持って配布をスタートし、100枚を配り終えた頃、1枚目のチラシを入れたお宅から連絡が入りました。その日の夜に訪問したところ「買いたい」とのことで、物件を預かったその日のうちに、まったく知らない人同士を結びつけることができたわけです。売主様が喜ばれたのはもちろん、私たちも本当に驚いた出来事でした。

サムネイル

売却を検討されているお客様へのメッセージ

不動産会社は良い物件を仕入れて売りたいと考えています。売りやすくてすぐお金になるからです。でもそれは不動産会社の都合である場合も多いので、そうではなく、売主様の物件の適正な価格をしっかりお伝えして、本当に必要としているお客様に売らせていただくという役割をしたいと思っています。私は前職時代に自社の所有する複数の不動産を売却する役割を担ったことがありました。その時の経験から、難しい物件を売却する場合の対応方法や、お客様が不安にならないよう売主側の立場に立って対応する事を心掛けています。

 

ですから、どんな物件であったとしてもあきらめず「本当にこんな物件、売れるのかな…」「管理しきれないな…」というところでも、まずは私どもに声をかけていただきたいです。どこの不動産会社に聞いても相手にしてもらえない、そんな物件でも大丈夫です。たとえ山の中の一つの山林であっても、誠心誠意、売れるためにお客様に寄り添って進めて行きますし、実績もありますので、ぜひあきらめずにご相談いただければと思います。

サムネイル

趣味・休日の過ごし方

趣味はマラソンと山を走るトレイルランニングです。休日は自宅の周りをランニングしています。

尊敬する人

親父ですね。なんだかんだ言っても、その存在を越えられません。親父は新潟の豪雪地帯から1人で群馬に出てきて働いて家庭を持ったのですが、苦労していた時もありながら、私たちをきちんと育て上げてくれた、そういう姿を私はずっと見てきました。経営者でもあったので、男としても経営者としても目指すところです。

座右の銘

8年前にマラソンを始めてから「千里の道も一里から」が座右の銘になりました。ここ8年で自分が変わったと思うのは、何かひとつ習慣づけようと決めたら、ずっとやり続けるようになったこと。継続して力になるのは先かもしれないけれど、「絶対にやり続ける」ことが大事だと思います。

会社概要OUTLINE

商号 株式会社杜丸不動産
免許番号 群馬県知事免許(3)第7027号
会員 (公社)全国宅地建物取引業保証協会
一般社団法人群馬県宅地建物取引業協会
事業代表者名 森田 尚宏
所在地 〒370-3511
群馬県高崎市金古町1349-8
設立 平成18年4月
ホームページURL https://morimaru.jp/
TEL 027-388-0961
FAX 027-388-0962
営業時間 平日 9:00~18:00 土日祝 9:30~17:30
定休日 水曜日・日曜日

スタッフ紹介STAFF

  • スタッフ 代表取締役

    森田 尚宏